スリルハートとは

スリルハートは、精神的な病の苦しみをこれからの人生の大きな武器に変える場所です。

スリルハートは、私が30年以上あがり症や強迫性障害などの精神的な病で苦しんで、「このような場所があれば苦しみはなくなっていく」と感じたことを形にしたものです。



精神的な病で苦しんでいる人が、苦しめられる症状の一つが「激しい動悸」です。
その激しくドキドキする動悸をプラスに考えるために、激しい動悸を“スリルハート”と呼ぶことにしました。

「激しいドキドキを苦しみと考えるのではなく、楽しんでいる時のわくわくドキドキとして考えよう」というものです。

このスリルハートの持ち主が集まる場のことも“スリルハート”と呼ぶことにします。



●「どうして、せっかく与えられた“才能”を捨てようとするのですか?」


スリルハートでは、精神的な病を「障害」ではなく、「特殊な“才能”」として捉えます。

スリルハートは、これまでの苦しい毎日から、楽しさいっぱいわくわくドキドキでスリル満点の毎日に変えていきます。





★現在、長崎県諫早市近郊にお住まいの方で、「あがり症について研究したい」「あがり症を活かしたい」という強い思いをお持ちの方を募集しております!


  • 現在、スリルハートは5名ほどのメンバーで活動しております。


    現在は、「“あがり症を活かす”ためのアイデアを出し合って、新しい文化=アガリ文化(アガリカルチャー)を作る」ということに力を注いでいます。


    スリルハートでは、“あがり症を活かす”ための斬新なアイデアを募集しております。

    さらに、「あがり症について研究したい」「あがり症を活かしたい」という強い思いをお持ちの方も募集しております。(あがり症で苦しまれている方に限ります)


    現在、これまでおこなってきた対面での個人カウンセリングは休止しております。メールでのご相談は受け付けておりますので、お問い合わせ欄からお送りください)






    ●ブログ『あがり症のメンタルケア心理士』にも精神的な病をなくす方法を書いています。参考にしてみてください。